最近ネットで耳にしたパパ活という言葉。若い女性がお金を払ってくれる年上男性を見つけて、お小遣い稼ぎをする活動のことらしい。でもそれって愛人関係とは何が違うんだろ?疑問に思ったので、パパ活について徹底的に調べてみました。

 

パパ活徹底ガイド

まずはパパ活について徹底的に解説します。パパ活という言葉が聞き慣れないと感じる方、興味があるけどどんなものかまだ良くわかっていない方はしっかりと理解しておきましょう。

 

パパ活をしているのはこんな女性

パパ活という言葉からも分かるように、男性はお父さん世代。若くても30代、ほとんどが40代以降だと思ったほうが良いでしょう。パパ活をしている女性というのは、そういった年代の男性から好かれる年頃。

 

10代後半から20代前半、どんなに童顔でも20代が限界でしょう。それよりも年上になるとパパ活市場での価値は一気に下がるので、女性側の立場で考えると若いうちに稼げるだけ稼がないと。期間限定の活動であり、どんなパパ活の達人でも、それだけで一生食べていくことは難しいと思います。

 

職業では大学生が圧倒的に多いと思いますが、フリーターやニート、派遣写真など収入の少ない女性が多い傾向にあると思って良いでしょう。またパパ活と並行して水商売を行っている場合もあります。

 

それはパパに秘密なのか、隠さないのかは二人の関係性次第ですが、自分だけのものだと思っていた女性が実は水商売をしていると知った時のパパはどんな気持ちになるのでしょうか…。

 

身体の関係が無いのがパパ活?

お父さんが娘に小遣いをあげるような感覚で、お金を払って男女が一緒に食事やカラオケに行く行為をパパ活と呼びます。相場は年齢や地域にもよりますが、数千円〜数万円。数千円で若い女の子と楽しくおしゃべりが出来るなら安いものだと思うパパと、愛想笑いでもして時間つぶしとけば美味しいものがタダで食べれる上にお金ももらえると思う娘との、双方の利害が一致した結果生まれた活動です。

 

名目上は身体の関係が無いのがパパ活ですが、あくまで名目上。お金に目がくらんだ娘は、条件次第ではパパに全てを預ける可能性もあり、全く下心が無い男性はごく一部だと思ったほうが良いでしょう。男なら誰でも、若くて可愛い女の子とヤリたいですからね。

 

しかしヤリたい思いとは裏腹に、不倫になるのを恐れて手が出せない男性もいますし、性欲がすっかり衰えたパパも少なくないことでしょう。結論として体の関係があるのか無いのかは二人の関係性次第。

 

最初は全くエッチしなかったけど、お酒や場の勢いでセックスしてしまい、愛人関係になるというケースもあることでしょう。

 

パパ活で驚くほど稼ぐ女性も…

パパ活上級者の女性になると、身体の関係なしでも月に数十万円稼ぐこともあるとか。1日2件とか土日に3件以上とか数をこなせば不可能では無い数字ですし、一人の相手から何回もお金を請求することもあるとか。

 

例えばご飯で3千円、その後の飲み屋で3000円、カラオケで4000円。一定時間おきに金額を請求するというパターンが多いようですが、それだけ稼げてしまうなら、ちゃんと働かないでパパ活に走る女性が増えても仕方ないのかなとも思ってしまいます。

 

 

パパ活をする女性側のメリット・デメリット

パパ活をする女性側のメリット・デメリットを解説します。

 

パパ活をする女性側のメリット

・効率よくお金が稼げる
・普段接することが無い男性と会話することで女性として磨かれる
・成功者と仲良くなれる可能性があるのでビジネスにも役立つ
・男性を見る目が養われる

 

効率よくお金を稼げるということ以外にも、ハイステータスな男性と関わる機会が増えるのも大きなメリットと言えるでしょう。男性側の立場で考えると、パパ活をするにはある程度の資金が必要。そのため社長や経営者などがパパ活に走る傾向が多く、そういった男性との会話は若い女性にとってメリットが大きいでしょう。
今後社会に出るにあたって、また真剣なお相手を探す上でもプラスになる面も大きいかと思います。

 

パパ活をする女性側のデメリット

・楽してお金をもらうのが当たり前になってしまう
・金銭感覚が麻痺する
・同世代の男性を下に見るようになってしまう
・時には体の関係を求められることもある

 

一番のデメリットは金銭感覚の麻痺でしょう。ご飯を食べているだけで楽してお金が稼げる感覚が当たり前になると、自然に浪費も増えてしまうでしょう。ましてパパからブランド品などを定期的にもらうのが当たり前になってしまうと、彼氏が出来た時にそのギャップに苦しむことになるかも知れません。

 

パパ活慣れし過ぎると恋愛が不得手になる恐れがありますし、残念ながらどんな女性にも娘としての価値がある時期は限られます。その寿命を意識しないでパパ活にばかり走ってしまうと、人生が破綻するという事態にもなりかねません。

 

パパ活をする女性の寿命について

どんなに童顔でも、どれだけ美容に気を使っていても、年齡には勝てません。年齡をごまかしてパパ活するというのはバレた時のリスクが高すぎますし、特に相手がパパ活に慣れている場合は騙すことが難しいでしょう。

 

パパによって許容範囲は変わると思いますが、20代前半が寿命だと思っていたほうが良いかも知れません。どんなに頑張っても26、27くらい。一般的には24くらいが娘として活動できる限度だと考えましょう。

 

パパ活と水商売

パパ活する女性の多くが、金銭感覚が麻痺してしまって普通の働き方が出来なくなります。効率的に稼げるという理由なのか、自分自身を売るしか手段が亡くなるからか、水商売に走る女性は後を絶ちません。

 

パパ活と水商売を掛け持ちしながら稼ぐというケースもあるようですが、こんなルートをたどる女性の末路は推して知るべし。若さを武器にパパ活をするのはかまわないけど、自分の価値を見誤らないようにしないと悲惨な結果が待っているでしょう。

 

女性がパパ活を始めるきっかけとパパを見つける方法

女性がパパ活を始めるきっかけは様々ですが、基本的には効率よくお金が欲しいから。男の人とご飯を食べるだけでお金がもらえるなんて最高だと感じるでしょうし、時給900円のアルバイトなんてやってられなくなりますよね。

 

知人の紹介でパパと出会うという場合も意外とあり、自分自身で寿命を悟った娘が新しい娘をパパに紹介するというケースもあるとか。そんな潔い娘ならこの先の人生も大丈夫な気がしますが、危険だとは思いつつもついつい足を踏み入れてしまい、そこから抜け出せなくなる女性は多いでしょうね。

 

出会い系サイトや婚活サイト、恋活アプリでパパを探すという場合もあるようですが、利用している男性の目的は娘を見つけることではないのでうまくいく可能性はあまり高くないでしょう。特に出会い系サイトの場合は体の関係を求められないことの方が少ないので、気楽な気持ちでサポートのお願いをすると大切なものを失うかも知れません。

 

 

男性側のメリット・デメリット

パパ活をする男性側のメリット・デメリットを解説します。

 

パパ活をする男性側のメリット

・若い女性と楽しくおしゃべりが出来る
・今時の若者の話題に触れることが出来る
・不倫・浮気ではないと言い逃れができる

 

男性側のメリットとしては若くて可愛い生の女性に触れることが出来ること。体の関係無しなら不倫・浮気にはならないと言い逃れが出来るので、ストレスのはけ口としても割り切りエッチなどよりも遥かに健全。

 

若い脳からインスピレーションをもらってビジネスに転換したり、今のトレンドを抑えておくことで正確に市場のニーズを掴むことが出来たりするので、経営者にとっては意外とメリットが多いかも知れません。一番のメリットは楽しい時間を過ごすことが出来ること。若い女性と話すのが嫌いだという男はまずいないでしょうし、あっと言う間に時間が過ぎてしまうことでしょう。

 

パパ活をする男側のデメリット

・お金がかかる
・若い女性に慣れてしまい、自分の妻や同世代の女性に魅力を感じなくなる
・不倫・浮気ではないと言い逃れ出来ない可能性もある

 

パパ活をする男性の一番のデメリットはお金がかかること。ご飯代だけならまだしも、お小遣いやプレゼントも必要になってくるとしたら結構な出費になってしまうかも知れません。また若い女性と話が出来ることが当たり前になってしまうと、少し年代が上がっただけの女性も、途端にオバサンに見えてしまうことも。

 

心が広い女性の場合は体の関係が無ければ大丈夫だと、妻容認の上でパパ活出来る場合もありますが、それはごく僅かでしょう。バレないようにするのが原則で、バレた時に言い逃れ出来るかどうかは相手次第。妻や恋人に普段から気遣いをしておけばバレた時の危険性が軽くなるかも知れませんが、全くのムダである場合も多く、大きなリスクがあるでしょう。

 

パパ活の4つのパターンと料金の相場

パパ活の4つのパターンとそれぞれの料金相場について紹介します。

 

1.エッチ無しでたまに会う

ごはんやカラオケなどの関係だけでたまに会う単発パパ活。一緒にいる時間が長ければ長いほど、必要な金額も高くなると思って良いでしょう。男性側のコツとしては、一気に大きなお金を渡すよりも、少額でもかまわないからこまめにお金を渡すこと。初対面で良い印象を与えられれば定期的に会える間柄になるのは難しくありません。

 

しかし最初に見栄を張ってお小遣いを渡しすぎると、同じ相場をそれ以降も求められるので注意が必要。そうでなくても定期的なパパ活関係は単発よりも金額があがりますので、最初のお小遣いはトータルで1万円以内に抑えたほうが良いと思います。

 

ご飯で1000円〜5000円程度、1時間おきに1000円〜3000円程度が相場になると思いますが、相手がパパ活熟練者であればあるほど求める金額は大きくなります。しっかり予算を決めてから臨むようにしないと、女性から心のなかで見下される場合もありえますのでご注意を。

 

2.エッチ無しで定期的に会う

エッチ無しで定期的に会う関係の場合、毎回のデート以外にも固定費が必要になってくる可能性があるでしょう。ブランド品などのプレゼントで代用できるかもしれませんが、いずれにせよ出費がかさむものは仕方のないところ。

 

男性の立場だと、一緒に食事を楽しめる固定の娘が出来るのは大きなメリット。毎回毎回違う娘と会っていると当たり外れがあるでしょうし、最初の食事では当たり障りのない会話しか出来ませんからね。

 

同じ女性と何回も会うことで相手の趣味嗜好が分かりますし、深い話も出来るようになってくるでしょう。なお毎月会う関係になることと、体の関係とは全く別だと考えたほうが良いかも知れません。

 

ヤレな女性はいくらプレゼントで釣ってもヤレない。そこは相手に何を求めるかですが、エッチするつもりが全くない相手の体を頂くことは簡単なことではないと思っておきましょう。

 

キャバクラに行ったほうが安上がりかも知れませんが、お互いが好きなものを食べられるし、自分だけの固定の娘だということが征服感・独占欲の強い男性にはたまらない模様。

 

キャバ嬢とは違って変にスレていたり媚びたりしてくることもありませんし、どうせ貢ぐなら娘にと考える人も多いでしょう。ただし本当にあなた一人が彼女を独占できているかは分かりません。

 

他のパパとは会わないという契約でも結んでおかないと、お金稼ぎにひた走る彼女を止めるすべは無いのではと思います。それはそれで良いならともかく、特に契約をしていなければ女性の行動を止める権利は無いので『勝手に他の男と会うな』などの理不尽な発言はしないように気をつけましょう。

 

3.エッチありでたまに会う

これはいわゆる割り切りとか愛人とか呼ばれる関係ですが、パパ活している女性は体の関係を拒む傾向にあり、相当な出費が必要になる可能性があります。最初から割り切り目的の相手を探したほうがコスパは良いと思いますが、あまり他の男性に汚されていない娘の体を自分のものにしたいと思うのは男の性。

 

3万〜5万程度の出費は覚悟する必要があると思いますし、その前にご飯をおごって、デート代を渡してと考えると10万以内におさまるかどうか。ご飯だけですぐホテルにいける可能性は低いし、何件か回るとなるとそれだけ食費も、デート代も増しますからね。

 

絶対に体は許してくれないキャバ嬢がいるように、絶対に抱けないパパ活娘もいると思うので、この関係をどんなに臨んだ所で難しいことは理解しておいて下さい。

 

4.エッチありで定期的に会う

これは完全に愛人関係ですが、お金のやり取りがある場合を愛人、お金のやり取りが無い場合をセフレと考えておけば良いでしょう。愛人の場合月に10万以上、多い場合は100万円以上の出費が必要になる場合もあります。

 

特に年上の男性に慣れすぎている場合はお金だけでな家までせびってくる場合もあるとか。そんな余裕があるのはごく一握りの人間でしょうし。いきなりエッチしてそのまま愛人関係になるパターンと、エッチ無しで定期的に会う関係からお酒やその場の勢いでセックスして、愛人関係になるパターンがあると思います。

 

デートするだけでお金がかかる相手が無料でエッチさせてくれるはずもないので相当な出費を覚悟する必要があるでしょう。

 

パパ活と愛人関係との違いについて

名目上は身体の関係が無い場合をパパ活、セックスする間柄を愛人関係と呼ぶようですが、実際にはその区分は難しいところがあるでしょう。ただ、愛人関係と言えば確実にエッチしているので、白か黒で言えば完全に黒。それに対してパパ活は白からグレーと言ったところでしょうか。

 

不倫の定義がどこからどこまでかは厳密には言えない部分はありますが、エッチなしのパパ活関係ならセーフだと考えられます。なので独身男性だけでなく、妻以外の女性とも仲良くしたいけど不倫はしたくないという男性からも支持されるのがパパ活。

 

不倫上等、バレないように手を尽くすぜという男性が求めるのが愛人関係だと言えるでしょう。パパ活よりも愛人関係の方がバレた時の危険度も高い代わりに得られる快感も大きいという考え方で良いと思います。

 

パパと娘の理想的な関係とは?

体の関係なしのパパ活関係の場合、理想的なのは以下のような関係性です。

 

・パパはあまり性欲がない、または他で性欲が満たされている
・パパは女性とご飯に行くだけで満足である
・娘はパパとはエッチするつもりが全くない
・娘は自分の価値に寿命があることを分かっている

 

このようなパパ活関係であれば、愛人関係に発展することもありませんし、双方にとっても良好な関係だと言えるでしょう。健全なパパ活関係が維持できていれば、パパの方から関係の終わりを告げた時も娘は冷静に対応してくれることでしょう。

 

自分の価値は一生落ちない、パパにサポートしてもらえれば無限にお金が入り続けているような娘だと、関係を切るのは非常に難しかったり危険性が高かったりします。潔く関係を切れるということがパパ活している間柄では必要なのです。

 

これは女性側からもあり得る話で、お金は魅力だけど、もうパパ活は良いと言い出す可能性もあるでしょう。彼氏が出来たからとか、就職が決まったからとか、理由は色々あると思いますが、あくまでシークレットな関係であるパパ活関係は切るべき時には切らないとお互いのためになりません。

 

非常に優秀な娘の場合は、自分の価値がなくなったと思ったら代わりの女性を紹介してくれる可能性もあります。体の関係が加わってしまうとこのような理想的な関係からは離れてしまいやすくなるので、注意が必要です。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者が数多く利用する優良サイト

 

まとめ

以上パパ活について詳しく解説してきましたが、デートだけの関係でお金を払っても良いと思うならぜひお相手を探してみて下さい。ツイッターや無料の出会い系サイトで探すのは危険ですが、大手出会い系サイトならパパを探している女性も少なからずいるはずです。

 

エッチなしの関係にそんなにお金をかける意味が分からないという方は、彼女を作るかセフレを作った方が良いでしょう。パパ活目的の女性とのデートよりもセフレと会うほうが料金が安いなんておかしなこともあるかも知れません。

 

これはキャバクラと風俗で例えると分かりやすいかも知れませんが、エッチどころか裸を見ることすら出来ないキャバクラの方が、本番行為もありな風俗よりも料金が高くなる場合もありますよね?

 

自分の価値がどのくらいかという判断はそれぞれの女性によって違いますが、パパ活に慣れれば慣れるほど、女性は自分の価値を高く見積もりがち。そんな相手を抱こうと思ったら資金が必要になるのは当然ですからね。それに対して最初から割り切りエッチを求めてくる相手は自分の価値を低く見積もりがち。パパ活女性よりも遥かに安い値段で抱くことが出来るでしょう。

 

そしてそれよりも更にコスパがよいのが、無料で抱けるセフレを作ってしまうこと。これならホテル代以外は料金がかかりませんし、彼女の家やあなたの家、公園や公衆トイレでセックスするのが当たり前になればまさにタダマン状態です。

 

女の子と楽しくおしゃべりしたいと思うならパパ活女性を探してみても良いと思いますが、目指すべきゴールがセックスなら、別のタイプの女性を狙ったほうが良いと思いますよ。