テレビ番組で見た食事だけでお小遣いをもらえるという関係、これで大学生活での嵐の追っかけ費用をまかなっていこうという気持ちになって、Twitterを使ったパパ活をはじめて見たのです。
反響自体はとても大きくあって、それなりの応えが返ってきたなとは思っていたのですが、自分が求めるものとはまったく違った内容のものばかりだったのです。
そのほとんどが誹謗中傷するものであり、私のパパになってくれるような人からのメッセージは少しもありませんでした。
一度ツイートすると、次から次へとリツイートで拡散され、その分たくさんの嫌なメッセージが届くといった感じだったのです。
冷やかしでもこんな酷いことを書いてくるなんて、頭がどうにかしてるんじゃないのか?って感じでした。
体の関係なしでお小遣いを稼いでいけば、追っかけは楽にできるようになるのですが、その相手探しの出だしからつまずいてしまったって感じがします。
ただひたすら嫌な内容のツイートが私に回ってきて、見れば見るほど気分が悪くなるといった感じでした。
これだけならまだ良かったのですが、さらなる悲劇が私を襲うようになっていきました。
別のアカウントを作ってやれば良かったのですが、日頃から利用しているTwitterのアカウントを利用してしまったために、とんでもない展開に発展していく事になりました。
普段利用のアカウントですから、知り合いもたくさんフォローしてもらっていたのです。
そのことをコロリと忘れてしまって、嵐のためにと思ってパパ募集をしてしまったのでしたが、これが最悪の結果を生んでいく事になりました。
友達や後輩たちもフォローしてくれている、つまり彼女たちにも私のツイートはバレバレなわけですよね。
何で別のアカウントにしなかったのか、後から物凄い後悔が押し寄せてくるようになるのです。
タイムラインが炎上しただけならまだ良かったと思うんですよ。
しかし、人間関係まで悪化させていく事になってしまったのです。
高校時代の部活の後輩には、私がパパを探している事を知られてしまって、そのことが原因で軽蔑されるようになっていきました。

それまではそれなりの尊敬を集めていただけに、これはかなりのショックだったのです。
さらに悪いことは、次から次へと起こるものであり、部活の後輩たちはもちろんのことなのですが、とても仲良くしていた幼なじみのフォロワーからもこの事で嫌われてしまう事になっていきました。
パパを探しているなんて信じられないだとか、不潔だとか言われてしまって、なんと絶交宣言までされてしまったのでした。
これはいけないと思って、慌ててツイートを削除した上で、火消しに走り回っている事になってしまったのです。
あれはアルバイト先の悪友に、いたずらされてツイートされてしまったものなのだ、勝手に投稿されてしまったもののだと、後輩や幼なじみに言い訳をして回ってみたのですが、失ってしまった信用を回復することができなかったのでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者から学んだ優良サイト