小学生の頃から大好きだったアイドル・グループの嵐、当時からコンサートに行くようになって、ますます熱を上げていく事になりました。
アイドル・グループのコンサート料金と言うのも、決して安いってわけじゃありませんよね。
結構な金額が必要だし、チケットを取るのもとても大変だし、それでも父親におねだりをして何とかその費用を出してもらったりしていたのです。
小学校、中学校、高校と、こうやって大好きなアイドル・グループ嵐のコンサートへ行きまくっていたって感じがします。
自分の住んでいる県内のみにあらず、他県まで出かけていく事だってありましたからね。
交通費なんかも含めると、かなりの費用を使ってきたなって感じがしてしまってます。
それ以外にもCDやDVDやグッズ代、これらを合わせればいったいいくら利用したんだろう?って感じがしてしまいます。
それでも、たくさんお金を使う価値が嵐には確実にありますからね。
コンサートに行くことを辞めるなんて、絶対できないって感じになってしまっていました。
高校生までは父親が付いてくれていたから、間違いなくある程度の範囲のコンサートには出かけられる、こんな感覚を持ってしまっていたと思うのです。
父親のサポートがあったからこそ、いろいろなコンサート会場に出かけては、大好きな嵐を堪能することができていたのです。
大学受験も終わって、無事に志望校に入学することもできて、ますます嵐を楽しむことができるなんて思っていたのです。
大学生になればほとんど大人だし、あちこち出かけることもできるし、キャンパスでもきっと同じ趣味の女の子がいるはずですから、一緒にコンサートで楽しむことができるぞって気持ちになっていました。
キャンパスに入学することができた喜びはあったのですが、父親の方から言われてしまったのです。
「大学生ともなれば自分でアルバイトをして、お小遣いを何とかしなければいけないから、コンサート代は自分で何とかするように」
このように言われてしまったのでした。

何となく大学生になっても父親からサポートを受けられて、いろいろな場所までコンサートに出かけられるって思ってしまってて、突然の話にかなりショック受けてしまったんですよね。
大学に入学が決まってアルバイトも始めたのはいいのですが、フリーターでもありませんからシフトは多く入れることができませんでした。
アルバイトをして収入を得られるとしても、3万円程度という事で、これではいろいろなコンサートに出かけられなくなってしまうのです。
贅沢を言うようかもしれませんけど、やっぱりあちこちのコンサート会場まで追っかけをしたいのが不安心理ですからね。
父親からのサポート打ち切りの話を聞いて、結構落ち込んでしまったんです。
アルバイトのシフトを何とか増やすか、給料の良い仕事にシフトするか、いろいろ考えるようになっていきました。
だけど講義もあるから、たやすくアルバイトのシフトを増やすというのも難しかったりするし、時給が高い仕事というのもそんなに簡単には見つかりません。
こんな私だから、パパ活と言うのはとても自然なものに感じていたのかもしれません。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の成功者から学んだ優良サイト